日々のしおり

接種と基本的人権

ひとりごと

 

 昨日、食卓で好物のお酒を一杯やりながら妻と機嫌よく会話をしていたのですが、久々に憤ったことがありましたので、シェアします。

 妻のママ友から流れてきた話によると、高校生のお子様がクラブ活動の試合に出る条件として、予防接種を受けているか、もしくは3日置きにPCR検査を受けて陰性であること。

 このどちらかの要件を満たしていないものは、試合に参加できないとのことです。

 結果として、予防接種を受けられたとか。

 

 ママ友情報ですので、真意のほどは分かりません。

 さらに公立・私立、クラブ顧問レベルの話なのか教育委員会レベルの話なのかも分かりません。

 ですがこういった話が流れてくるというのは、あながち全く根拠のない話でもないと思いました。

 問題は、実費で3日置きにPCR検査を受けるというのは、費用的・手間的に大きな負担を強います。

 事実上、予防接種を受けさせる半強制的な力が働いていると感じたことです。

 

 筆者の娘は、来年中学生になりますが、もし学校から上記のようなことを告知されましたら、親として何人にも備わっている基本的人権としての自由選択を訴えるつもりです。

 筆者の娘が小学校に入学以来、インフルエンザ等の予防接種は親子共に一度も受けたことがありませんし、何度かありました学級閉鎖時にも、これまで一度も風邪さえ引いたことがありません。

 だからと言って、これからの保障にはなりません。ですが、

 風邪の予防は、個人の心と身体の過ごし方。

 ここを見過ごして、いたずらに予防接種だけに頼るべきでは無いというのが筆者の姿勢です。

 前回の投稿、「遭遇した副反応の症例 (2)」でも書きましたが、

 予防接種を受けるか受けないかは、個人の判断と責任。これは、人権問題でもあると思うのです。

 どちらにしても、感染を許さない身心の養生。

 身心、そうなのです、心の養生も非常に大切です。

 接種証明なるものが、人権を侵害することを見過ごさない世であるためにも、小さな力であっても筆者は発信して参りたいと考えています。

 ちなみに、予防接種を受けても、他の人に感染させないという事にはならない。

 予防接種を受けても、媒介しないという事にはならないという、基本的な予防接種の認識も持ち合わせておくのがよろしいかと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

▲