日々のしおり

何者かに成ってる!?

ひとりごと

昨日は久々に太陽を拝めて、一日気持ちよく過ごせました。

みなさま、お元気でお過ごしでしょうか。

このところ、自己評価とか自己肯定感についてちょっと自分を振り返っていたのですが、まあ、それに対してあんまり深く考えないというか、一生懸命にならずにそのまま「放置」してたんですね。(今もですが)

それでなんとはなしにAmazonでおもしろそうな本が無いかな?とつらつらやってましたら、目に留まったのがこれです。

f:id:ichinokai-kanazawa:20210125155810j:plain

「あやうく一生懸命生きるところだった」 

なんか題名からして笑えるし、一生懸命にならずに読めそうかな?(笑)ということで、さっそくポチッとして買って読んでみました。。

内容は、期待通り笑えました。

本の詳しい内容に関しては、Amazon見てくださいねぇ。もっとも、今売り切れのようですが…💦

あやうく一生懸命生きるところだった | ハ・ワン, 岡崎 暢子 |本 | 通販 | Amazon

著者の方、深刻な生き方の悩みのはずだと思うのですが、非常にコミカルに描かれていて、深刻さよりも軽快さの印象が残る本でした。それに笑えます♪

後半、自己肯定感について触れられているところがあり、ん~、ってそこは少し留まっていったんは、こころがまとまるまで、そこのところを眺めてました。

著者は韓国の人なのですが、韓国で著名な仏教僧、法輪(ポニュン)和尚の講演内容について引用してるところがあったのですね。

「人は自身を評価するとき、たいてい良い方に評価しようとする。そして自尊心が低い人ほど好評化を与え、自身を過大評価する傾向にある」

 「自尊心が低い人たちは、自身を過大評価し、素晴らしい人間だという幻想を持っている。この幻想と現実のギャップが大きいほど、悩みも大きくなる。」

 「幻想の姿に自分を合わせようと抗(あがら)うことは好ましくない。幻想を捨て、ありのままの姿を認め、愛しなさい」

しばらく経って著者と同じく

ん~、なぁるほどなぁ…と共感したのでした。

筆者は、万能感かな。随分と小さくなってしまいましたが💦

確かに筆者、18歳で初めて大阪に出てきたとき、郷里の田舎と違って格段に広い世界と感じて、「自分は何者にでもなれる」って、なんの根拠もない自信にあふれてた感覚を思い出しました。

で、あれから40数年経った今現在、確かに「何者かに成ってる」というわけですねぇ。(笑)

当時の筆者は、お金儲けがしたかったのですが。💦

その後、挫折なんて雨あられ。

失恋、入試、離別に失業、病気、失望…

もう、大分と免疫できてますよっ、多分。

そこそこの年月重ねて生きてこられた方は、みなさん同じような体験されてると思います。

その度に、「くっそ~、へこんでなるものか」って一生懸命にやって来て、ここに来てなんとなく「もっ、いいかなぁ~」って思ってしまったのですよね、これが。

著者は、「ダメな自分を認めてから、逆に自尊心が向上した。」と綴ってます。

筆者は今、へこたれた自分、へたれな自分を感じてるのが気持ちいいですねぇ。

確かに、逆らいさえしなければね。(笑)

一昨日の夜、食卓で一杯やってるときにね、「もっとゆっくりしたいなぁ~」って、ボソッと呟いたら、すかさず妻が「もう十分ゆっくりしてるやん!」って。(;^ω^)

はい、不足を申し上げているのではございません。💦

確かにおかげさまで、のんびりとした家庭生活をおくらせていただいております。

いつも感謝しております。いつもありがとうございます! <(_ _)>

(このブログ、妻も読んでますので、たぶん… 笑)

いやいやそうやのうて、頭の中、気持ちのことやねんって返答したのですが、まあ、分からんやろうなぁ。

ところでここまで自分を駆り立てる、もうひとつのきっかけがあったのです。

それは39歳の時の臨死体験で得た、あることからなんです。

これを語りだすと長くなりますので、次回以降にボチボチ書いてまいりますので、ご興味のある方はお読みください。

それではみなさま、力抜いてボチボチ参りましょうかねぇ。

とにもかくにも、今日も一日、笑顔と一緒に生きましょうかねっ。(ニヤリ)

みなさま、いつもありがとうございます! (^.^)/~~~

f:id:ichinokai-kanazawa:20210125155810j:plain

▲