ブログ「鍼道 一の会」

恬惔虚無って?

「鍼道 一の会」事務局スタッフの大上です。

今日から3月!・・・

一月(いちげつ)(い)ぬる二月(にげつ)(に)げる三月(さんげつ)(さ)

っていう言葉の意味を実感しています!

なんだかんだとバタバタしている間に、2月が逃げて行ってしまったような感じです。

えらいこっちゃ(^_^;)

そんなわけで、今日、私に来たキーワードが「恬惔虚無」でした。

黄帝内経に記されている言葉ですね。

『恬惔虚無.眞氣從之.精神内守.病安從來.』

心に とらわれ やこだわり、 わだかまりがなく、さっぱりしていれば、気が充実して、精と神は内をしっかりと守るので、病気など入り込む余地もなくなる…という意味だそうです。

・・・恬惔虚無になりたい!!

皆さん、そう思われません??

囚われ、こだわり、わだかまり・・みーんな手放してすっきり!?笑

簡単なようで、とっても難しいですよね。。

ちなみに私は「恬」という字が好きなんです。

りっしんべんに舌だなんて、フフッと笑えます(*^^*)

常に、心にゆとりと

以下、ご参考までに

陰陽応象大論(五) – 大宇宙と小宇宙(11)

上古天真論(一)-天寿を全うする(3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

▲