いおり鍼灸院ロゴ

ご予約・お問い合わせ

交通アクセス

大阪市営地下鉄御堂筋線「西中島南方」駅①番出口より徒歩1分

 いおり鍼灸院 院長およびスタッフ紹介

院長 金澤 秀光(かなざわ ひでみつ)

いおり鍼灸院 院長・金澤秀光

1958年生まれ  おとめ座 AB型。
1980年
大阪経済大学経済学部を卒業。
1985年
「漢方 瑞祥庵鍼灸院」中江道博先生に弟子入り。
東洋医学の聖典「黄帝内経 素問・霊枢」、漢方薬の聖典「傷寒論」の世界に初めて触れる。
1988年
大阪鍼灸専門学校(現・森ノ宮医療学園専門学校)を卒業。
鍼師・灸師免許を取得。
1989年
郷里・兵庫県福崎にて「心身総合治療所 逢祥庵」を開院。
1992年
父の死をきっかけに、自分の医術の拙さを痛切に実感。
藤本蓮風先生が主宰する「北辰会」に入会。中医学に初めて触れ、その理論性・整合性に感動。同時に、改めて古典の読み方を教わる。
1993年
藤本漢祥院」研修生として入門。
1995年
阪神大震災を機に「藤本漢祥院」での研修を終了。
1997年
十二指腸潰瘍穿孔を病むが、手術を拒否。この時に臨死体験をする。以後、人間は「心と身体と魂」の存在であることを実感。
1998年
長年お世話になった「北辰会」を退会。以後、独学の道を歩む。
2005年
遠方から来院される方が増加し、本院治療の傍ら新大阪のマンションの一室に分院を開設。
2006年
臨床に携わる中で感じたことを、より多くの人に伝えたいとの思いから、悩み抜いた末に郷里の本院を閉院。心機一転「いおり鍼灸院」と改名し、大阪淀川区で開業。
2010年
大阪医療技術学園専門学校 東洋医療技術教員養成学科にて伝統鍼灸技術の非常勤講師として奉職。
2014年~
「一の会」を立ち上げ、東洋医学の奥深さを伝えていくと同時にその担い手を養成すべく活動を開始。
(2016年より活動名を「鍼道 一の会」とする)

 学生の頃より中国最古の医学書『黄帝内経 素問・霊枢』の世界観に魅了される。
長年培ってきた"五感を駆使した診断"と"最もシンプルな素手の治療"にこだわり、「心は安心を、体は充実を、魂は感動を志向する」をモットーに患者さんのお話にじっくり耳を傾け、心と体の関係を常に意識しながらひたすら臨床を積み重ねる。

副院長 稲垣 順也(いながき まさや)

いおり鍼灸院 副院長・稲垣順也

1979年
兵庫県姫路市に生まれる。
1995年
当院の前身である「逢祥庵」にて院長・金澤の診療を受け、東洋医学と出会う。
2006年
郷里を離れ、院長・金澤秀光に弟子入り。
2009年
森ノ宮医療学園専門学校・鍼灸学科を卒業、はり師・きゅう師免許を取得。
2012年
通信制大学にて、心理学と教育学を学び始める。
2013年
師・金澤の許しと勧めを得て、当院での鍼灸臨床を開始。
2014年
大阪医療技術学園専門学校・東洋医療技術教員養成学科を卒業。
10月より同校の非常勤講師として奉職。
「鍼道 一の会」にて学術部長及び講師を務める。
2015年~
森ノ宮医療学園専門学校・非常勤講師として奉職。

 幼い頃から血友病性関節症に悩まされるが、遺伝性疾患が原因であるにも関わらず、症状の出現に一定の規則性が見られることを疑問に感じていた。その中で東洋医学と出会い、季節や飲食物の影響などをも分析の対象とするこの医学の懐の深さに驚くと共に、その実用性を体感する。
 鍼灸学校へ入学後は中医学や藏象・経絡に加え、中薬学・傷寒論・吉益東洞医学を学び、多角的に人体の真理を追究。
多くの病める人々が、現在の自分と同様、自身の“主治医”となることが出来れば、患者と医者との境界線は薄れていき、医なき世界(患者なき世界)が実現されるのではないかと考え、その一助となるべく、より実践的で効果的かつ普及可能な鍼灸医学の構築を目指す。

非常勤診療 永松 周二(ながまつ しゅうじ)

非常勤診療・永松周二

1969年生まれ  蟹座 O型
1993年
大阪外国語大学(現大阪大学)中国語学科 卒業
2000年
明治東洋医学院専門学校・鍼灸学科卒業 はり師・きゅう師国家資格取得
2009年
上海中医薬大学大学院留学(基礎中医学院)卒業 中国政府公認HSK6級取得
2014年~
「鍼道 一の会」副代表及び講師を務める。
臨床歴
小村接骨院、鍼灸整骨康心、間瀬内科クリニックにて12年余り勤務。
教員歴
大阪医療技術学園専門学校・鍼灸師学科および健康美容学科等で将来中国留学を希望する学生の為の中国語講座を、東洋医療技術教員養成学科にて鍼灸応用学を、非常勤として現在も奉職。
研究発表歴
 平成15年12月 我認識的「肝主疏泄」
 平成19年6月  "医心方"五臓病機鈎玄

 幼少期より"強さ"へのこだわりがあり、極真空手、蟷螂拳、大東流合気柔術など多様な武術を学ぶ。
上海中医薬大学大学院留学時に、太極拳の流れを汲む太極功法、道教系の功法などに出会い、気を扱うことを習得。その後、次第に肉体的な強さよりもむしろ心の有り様への重要性に目覚め、さらなる気の探求に傾倒。
『真の強さとは、いつでも、いつまでも変化できる柔軟性にある』と感得。魂の火が消える日まで、心身ともに健全な状態を維持することを目標に、患者さんの感受性の高低に合わせることのできる治療法を、鍼箱の中に備えるに至る。
 現在、臨床実践と将来を担う人材育成の傍ら、古典研究・中国医学文献の翻訳など、精力的に取り組み中。

「一の会」副代表。専門家を対象とした東洋医学講座では、東洋身体学を通じて治療家自身の心身づくりを担当。
一般市民対象の養生講座では、古代中国の吐納導引法を用いた養生法と、各種武術で培った身体の重心を意識した養生法を担当。

院長弟子 江見 木綿子(えみ ゆうこ)

研修生・鍼灸師 江見木綿子

1988年生まれ  大阪府出身。
2007年
高校卒業後、大阪のテーマパークで勤務
2013年
大阪医専鍼灸学科卒業。はり師・きゅう師免許取得。
2016年
大阪医療技術学園専門学校・東洋医療技術教員養成科卒業。
大阪医専・専任教員として教壇に立ち、いおり鍼灸院にて臨床研修を開始。
2017年
「鍼道 一の会」において講師活動を開始。


 高校生の頃から心がしんどく、精神安定剤を服用する時期が続いていた。高校卒業後は幼い頃からの夢であった音楽関係の仕事に就き、充実した日々を過ごす中で、ふと『自分の心が安らかであれば、健康で感動的に生きることができるのだ』と素直な自分の気持ちに啓示的気付きが訪れる。それ以後薬剤が必要でなくなり、ご縁により鍼灸師への道を志す。
 鍼灸免許取得後、整骨院で勤務。臨床を重ねてもなお、自身の鍼灸治療に迷いを感じ、さらに道を求めて教員養成科に進学。
教員養成科在学中に金澤と出会い、臨床的にも学問的にもさらなる東洋医学の魅力を発見。
これから将来関わる患者さんの、心と身体の安らぎを手助けしたいと願い、母校で教員職に従事しながら、病気を治せる確かな視点と技術の習得にと奮闘中。

院長弟子 川越 凌太(かわごえ りょうた)

院長弟子・川越凌太

1992年生まれ  兵庫県出身。
2016年
大阪医療技術学園専門学校・鍼灸師学科卒業。はり師・きゅう師免許を取得。
同年
大阪医療技術学園専門学校・東洋医療技術教員養成科入学。
日本福祉大学・福祉経営学部卒業。
いおり鍼灸院にて臨床研修を開始。
2017年
「鍼道 一の会」において講師活動を開始。

 鍼灸師養成校に入り鍼灸の面白さに魅了され、どうすれば治るのか?どの様な知識があれば治せるのか?と東洋医学を学びながら、様々な勉強会に参加。
母校での鍼灸卒後勉強会にて金澤院長に出会い、その診断力と技術に惹かれ、「一の会」に入会。東洋医学を学び始める。
 その傍ら、学生時代に友人に勉強を教え始めたのを切っ掛けに、教えることの難しさと楽しさ、また教える事が何よりの自己研鑽になると感じ、教員養成科に入学。
いかに東洋医学の深さ、面白さ、素晴らしさをそのままに、平易明快に人に伝えることが出来るのかを目標に学びを続ける。

研修生・鍼灸師 丹羽 智美(にわ ともみ)

研修生・鍼灸師 丹羽智美

1985年生まれ  愛知県出身。
2007年
トライデントスポーツ医療看護専門学校−はり・きゅう学科を卒業。
はり師・きゅう師免許を取得。
2012年
大阪医療技術学園専門学校・東洋医療技術教員養成学科へ進学。
2013年
いおり鍼灸院に入門。
2014年
大阪医療技術学園専門学校・東洋医療技術教員養成学科を卒業。
2015年~
大阪医療技術学園専門学校およびトライデントスポーツ医療看護専門学校にて、非常勤講師を務める。

 2007年に鍼灸免許取得後、地元の愛知で臨床に従事する傍ら、母校にて学生を対象とした国家試験合格支援講義を担当。受験を控えて不安な表情の学生たちが、自分との関わりの中で見違えるほど元気に明るく、前向きに成長していく変化を目の当たりにし、学生との関わりに大きな喜びを感じるようになる。やがて教員の道へ進むことを思い立ち、進学。

平日は大阪に居住して教員資格取得のための通学をしつつ、週末は鍼灸学生たちの学習支援のために愛知へ帰るという生活の中で、学問的な裏付けを伴った当院の鍼灸医術に魅せられ、入門。教職に就いた現在も、新たな視点で鍼灸理論の構築と臨床実技の向上に取り組んでいる。

ページトップへ